和歌山にも雪がふりました。

yuki_110301

yuki_110301

こんなに雪が降り積もるのは何十年ぶりです。

和歌山は、温暖なイメージがあると思いますが、
冬場は冷え込むこともあります。

私が住んでいるところは標高が高く、坂道も多いので自宅軟禁状態です。
雪が降ったり、積もったりして喜ぶのは子供たちくらいで(笑)
早く暖かくなってくれればよいなと思っています。

相変わらず仕事は剪定という作業を行っています。
妻も子供が大きくなってきたこともあって、最近この作業を一緒にしてくれるので作業がはかどります。

剪定の様子は、また詳しく載せたいと思っています。

(土山 善史)

貴志川畑のはなし1

kishigawa110301_01

貴志川にある畑の話を始めます。この畑は、1981年に父が購入しました。
その当時は高速道路もなく、自宅から現場までは約1時間はかかっていたといいます。
今では高速道路ができたことによって30分~45分くらいで行けるようになりました。
買った当初は園内道もなく不便なところで、主に八朔が植えられていたとのことでした。

kishigawa110301_01

父は八朔栽培に見切りをつけ、当時の新品種<清見><セミノール>の栽培を始めていました。

1990年には園内道ができて、作業面の効率がかなり良くなったのだそうです。
というのも、私が就農したのが1994年ですので、植え替えたり、園内道を作ったりという苦労はわかりませんが、非常に魅力のある畑ではありました。

2002年に、近くで梅と八朔を作られていたおじいちゃんに
「畑を作ってくれないか」と頼まれて作る決心をし、

「やるからにはとことんこだわったみかんを作りたい」

と想い、園地設計から取り組みました。

kishigawa110301_02

構想2年。
2004年、田口早生300本、宮川早生300本を定植しました。
定植後のはなしは次回で!!

(土山 善史)